TK   原点回帰。
モノトーン&モードの「T-KUNITOMO」、古着をアバンギャルドに表現するT-KUNITOMOリメイクCOLLECTION。日本をテーマにした「gouk」、ルーツとしてのアジアを掘り下げた新フォークロア「kugo」など・・・
様々なファッション表現にチャレンジしてきた、デザイナー國友剛の新しい挑戦。
それは、流行を意識したファッションデザインでなく、生きるの中でシンプルに服を考え、楽しんで作ること。
洋服を作る喜びと、着た人の笑顔と、そんな着てもらう喜びを感じながら、洋服を作りたい。
幼い頃、洋服を着ることが好きだった頃、そして自分が初めて洋服を作って、家族に着てもらい有頂天になったあの時間へ・・・2020年、原点回帰。
ここにすべてのブランドを「TK」に集約し、古民家の小さなアトリエから國友らしい、楽しい、新しい、洋服を提案していきます。

温故知新、そして花鳥風月。
デザイナー國友剛が考える、新しい「日本」のファッション。

世界にひとつの個性。
古着や既製服をもとに新しいかたちへと再生するリメイクコレクション。

お知らせ

2/11〜2/12の2日間、大阪での限定ショップを行います。

デザイナー國友が1点1点リメイクをした「TKr」「TKg」の1点物コレクションの展開いたします。

今回も、1/10までTKatelierHOUSEで開催しておりました、いぶくろ聖志 4th写真展 「traveller」を記念致しまして写真とフォトTシャツを一部限定で販売致します。
いぶくろ聖志のオリジナルアイテムの石鹸、クリアファイルも限定数で持って行きます。

また、今回はモリグチカデザイナーの森口もモリグチカの商品、サンプルを持ってモリグチカブランドの紹介、ご案内を致します。

初めての大阪とのことですので、色々と教えていただけると嬉しいです。

是非この機会にお立ち寄りください。

DATE:  2/11(金・祝)〜2/12(土)

営業時間:

2/11(金) 。。。13時〜19時            2/12(土)。。。11時〜19時

※今回は日曜日は開催致しません。お気をつけてお越しください。

PLACE:  大阪府大阪市北区中崎1-1-25 1F

大阪メトロ谷町線中崎町駅 1番出口より徒歩2分(Osaka metro 地下鉄谷町線 東梅田より1駅)

大阪環状線天満駅 中央出口より徒歩8分

大阪メトロ堺筋線扇町駅 2-B出口より徒歩7分

 

2月6日は、僕の誕生日!もう52回目。

そんなスペシャルな日をみんなにお祝いしてもらいたい!!

と、思い。。

みんなで軽くパーティをしましょ!

プレゼントは大歓迎。

11時からアトリエはオープンしておりますので初めから飲んでも大丈夫です〜

お待ちしております。

場所は東京のTK atelier HOUSEです。

今日、うまれた服

1月28日(金)

もう、28日!

今年に入ってもう28日が過ぎたんですね〜

早い早い。。

さ!今週末はイベントがないのでゆっくりと色々と作っちゃいますよ〜〜

今日から発売する新しいTKr。

テーマは「白と黒の亀甲金蘭」

こんなカジュアルなものも作ってみました。

デニムとかに合わせてもいいですよね。

後ろが少し長くなっていてフード周りの金蘭がとても様になってるでしょ?

羽織を着てもフードを出しちゃえばもう、和!

いろいろな着こなしをしてみてくださいね。

あ〜〜こんな不思議な形って僕の大好物!

歩くたびにこのもこっとした部分が揺れるのよね。

そんな不思議なスカートです。

この生地は、後ろからウールのガーゼ生地をたくさんの針で押し出して作ってもらったもの。

不思議な質感です。

そんな生地と金蘭を合体〜。そこにゴムシャーリングをしてもこもこ感を出してみましたよ。

是非ともアトリエに来てくださいね〜〜

おもいでの、時。

この古民家は、國友剛のアトリエです。
感じて、考えて、閃いて、悩んで、ときめいて幸福な洋服を作る仕事場です。
自分で決めた言葉=テーマをもとに、こだわりながら洋服を作ります。
そして、その仕上がった洋服たちは、週末にアトリエでお披露目、販売します。
作り手と共に、また笑顔と共に。

 

アトリエのご来店には、ご予約が必要になります。

毎週発表するTKrの発売開始は、金曜からのスタートとなります。

アトリエからのお知らせ。

次回のテーマ

「白と黒の亀甲金蘭」
1月28日からアトリエで発売開始
アトリエは基本的には、完全予約制としております。
ご連絡いただければお待ちしております。

TKatelierHOUSE

「習いの会」

國友剛が「布と遊ぶため」のアトリエ教室を開校します。

1月は、21日〜23日になります。

身近なものを作る、作ることを習う。
そして、出来た喜びとそれを自分で使う楽しさ・・・
私の考える「ものつくり」の原点を皆さんと共有できればと

おもっています。