TK   原点回帰。
モノトーン&モードの「T-KUNITOMO」、古着をアバンギャルドに表現するT-KUNITOMOリメイクCOLLECTION。日本をテーマにした「gouk」、ルーツとしてのアジアを掘り下げた新フォークロア「kugo」など・・・
様々なファッション表現にチャレンジしてきた、デザイナー國友剛の新しい挑戦。
それは、流行を意識したファッションデザインでなく、生きるの中でシンプルに服を考え、楽しんで作ること。
洋服を作る喜びと、着た人の笑顔と、そんな着てもらう喜びを感じながら、洋服を作りたい。
幼い頃、洋服を着ることが好きだった頃、そして自分が初めて洋服を作って、家族に着てもらい有頂天になったあの時間へ・・・2020年、原点回帰。
ここにすべてのブランドを「TK」に集約し、古民家の小さなアトリエから國友らしい、楽しい、新しい、洋服を提案していきます。

温故知新、そして花鳥風月。
デザイナー國友剛が考える、新しい「日本」のファッション。

世界にひとつの個性。
古着や既製服をもとに新しいかたちへと再生するリメイクコレクション。

お知らせ

10月3、4の2日間。先日、新宿店で行いましたリメイクオーダー会をアトリエで開催します。

”ちょっと大きくしたい。。”

”ちょっとゴムを小さくしたい。。”

”敗れたけど、又着たい。。”

”デザインを変えたものを着たい。。”など。。。

和柄を変えたいとか、シンプルな生地にしたいとかも大歓迎!!皆様のわがままを形にしていきます。

その場でできるものはすぐに縫ってお渡ししますが、大掛かりなものは後日のお渡し。

先日、新宿に来れなかったお客様は是非ともご参加ください。

時間は、12時〜18時まで受付いたします。

簡単なもので3000円。それ以外はその時にご相談します。

アトリエにご連絡ください。

 

 

10/16〜18の3日間、静岡での限定ショップ

を行います。

デザイナー國友が1点1点リメイクをした

「TKr」の1点物コレクションの展開、

goukの新作商品も展開致します。

また、期間中は國友がミシンを持参し

、goukやTKの商品のリメイクを致します。
最近着ていないgoukやTKの商品を國友と

相談してリメイクしてみませんか?
もちろん、当日購入の商品でも構いませ

ん。
デザインや、料金はその場でご相談です。

是非この機会にご来店ください。

 

DATE :   10月16日(金)〜10月18日(日)
PLACE :  静岡パルコ 4F  特設会場
問い合わせ:info@kincs.jp
※状況により、休業もしくは、中止、延期

になる可能性もございますので、ご了承お願い致します。

今日、うまれた服

9月29日(火)
今日も晴れ!!
ところどころに秋の感じを受けられて来ましたよね。秋は秋でいいのかも〜

今週末に発売する TKrの一点もののテーマは”ほかほか”

起毛させたニットの暖かいロングベスト。

肌触りがとてもいい軽いニット生地を使いました。

ちょっと長めなのでサイズは調整します。

ニットと生地のコンビネーションがとても綺麗。

ちょっと襟が綺麗に流れるように後ろにギャザーを入れた襟をつけました。

まだ、ちょっとあったかい日があるけどちょっと羽織るのにはいいかと思います。

 

こちらは、スカート。

切り替えにベストと同じ起毛したニットを切り替えて見ました。

歩くたびにポヨンポヨンって揺れる感じもニットを使ったから。

そんな面白い動きも僕は好きですね。

この前のミニトートはとても人気な教室でしたが。。

僕は、自分用に使わなくなったストールをカットして作って見ましたよ。

アレンジを少しして。。

両脇にキーホルダーがつけられるタブもつけたりして。。。

次回は、持ち込み生地でも作れますっていうのをやってみよ〜

おもいでの、時。

この古民家は、國友剛のアトリエです。
感じて、考えて、閃いて、悩んで、ときめいて幸福な洋服を作る仕事場です。
自分で決めた言葉=テーマをもとに、こだわりながら洋服を作ります。
そして、その仕上がった洋服たちは、週末にアトリエでお披露目、販売します。
作り手と共に、また笑顔と共に。

 

アトリエのご来店には、ご予約が必要になります。

毎週発表するTKrの発売開始は、金曜からのスタートとなります。

アトリエからのお知らせ。

次回のテーマ

「ほかほか」
10月2日からアトリエで発売開始
アトリエは基本的には、完全予約制としております。
ご連絡いただければお待ちしております。

TKatelierHOUSE

「習いの会」

國友剛が「布と遊ぶため」のアトリエ教室を開校します。

10月は30日〜11月1日予定で開催いたします。

全日11時〜18時となります。

身近なものを作る、作ることを習う。
そして、出来た喜びとそれを自分で使う楽しさ・・・
私の考える「ものつくり」の原点を皆さんと共有できればと

おもっています。