思い出の時。

もう、夜会も第5回目。 早いですよね。 僕の作った服を着て飲んでお話ししての会。 今回のテーマは”おにぎり”おにぎりって日本の心!と最近感じているのでテーマにして見ました。 辛子高菜にとろろ昆布!!すごく美味しかった。 何回もお代わりをしたいけど、、、そこは我慢。 馬肉も登場して盛り上がり! 今回は台風で来れないってお客様もいたのですが、次回は是非とも参加して見てください。 お一人での参加も全然平気!みなさん濃いけど優しい人ばかりですから。 お待ちしてますね。...

先週末はリメイク会をしました。 先日も新宿店で開催したのですが。。 今回はアトリエなので色々な生地があったりちょっと難しいことでもお受付しましたよ。 ”縫い目が裂けてしまって。。”というお客様。 はいはい!!簡単ですよ。しかもちょっと強目にするのでステッチも入れておきますね。 はい!出来上がり!! こちらのお客様は袖がちょっと変えたいなって。。 そうか、、こうやって見たら?こうやれば?とか。。 この商品の長袖を。。。 脇を切り替えて半袖にしてプルオーバーにできるように変更しました。 どうでしょう?? お客様にはご好評でした!! こちらのお客様は、、、 昔の商品だけど穴が空いてしまって。。。で、袖だけを生かした感じにできないかな?って できました!!新作の袖を変更してお気に入りの袖はそのままですよ!! 次のお客様は、こちらの商品の袖口をお気に入りの和柄に変更して欲しい!!と。。。 はい!!これで全部が好きな菊の和柄にできました。 先日、作ったトートバックもお揃い!! こちらのお客様は毛玉ができたから部分的にきじを変更して欲しいと。。 こちらはお預かり。 ちゃんとやっておきますよ!!  ...

今回は、みんなで小さめなトートバックを作りました。 ポケットの部分の柄を選んでもらって作ります。 まずは。。 重要な裁断から。どこの部分を出すか?話しております。 型紙通りに裁断をしてもらいます。 まずは、外側のポケットから。 仮止めをしてもらいます。 ずれないように印をつけてそこにポケットをつけてね。 だいたい3〜5mmぐらいで縫って。 そうそう!上手い!!流石です。 そうしたら折り曲げたところに裏地を挟み込んで、、 間にポケットも入れちゃいます。 こんな感じで。 内ポケットは先に作っておいてくださいね。 ぐるっと持ち手部分を縫い付けます。 ここがポイント!曲がらないように、裏地をまっすぐになるように縫ってね! 縫うときは慎重に。。 次に底布を 縫い付けます。 裏地が曲がらないように!! ステッチを入れてください。 ここからは馬力が必要なので、、僕が縫いますね。 脇を折ってそして1CMで縫い合わせます。そして生地端を綾テープで包み込みます。 そして角を3角形に縫います。これがマチになるのです。 そしてひっくり返すと。。。 出来上がり!!   みんなで作ったものを持ってハイポーズ!! それぞれが同じ型紙でも違ったものに! 今回、初めまして〜の方もいらっしゃってお話をさせていただいて楽しかった〜〜 次回は何を作りましょうか?...

20日はアトリエで板垣店長の誕生日会を開催しました。 これで〜〜歳になるのですね。 早いものです。 お客様の中にも今月のお誕生日がいらっしゃったので一緒にお祝い。 いつも遠いところからありがとうね〜 朝から掃除して、買い出し行って、、飾り付けして おじさんちょっとお疲れ気味です(笑) 初めはこんなに綺麗に並べていたのですが、、、 最後はこんなもんじゃあないくらい色々な食べ物やお酒が、、、 22時まで宴は続き。 とても楽しい会でした。 毎月夜会をしているのですが、今月は誕生日会として行いました。 また、来月は夜会をしましょうね〜...

もう4回目になりました。 僕が衣装を作らせていただいている”竜馬四重奏”の仁さんこと、藤舎呂凰さんによる 小鼓教室。 先生はいつもいつも僕の服を着てくれて本当にオシャレ。 僕は作業着だからいつもあまり変わらず。。。 横にいるプーさんが”ん??何??”って感じで可愛いですよね。 そう、先生は可愛いものが好きなんですよね。 でも、いつも真剣な感じで教えていただけます。隣の部屋で聴いていても”あ。この人うまくなった!”と思うこともあります。 鼓は持ち方があって云々。。 僕も次回は参加してみよう。 持ち方も掛け声も教えてくれているようです。 先生は、優しいのでどなたでも参加しても大丈夫!! 最近は生徒さんも増えてきて先生も満足顔です。 次回は、10月18日予定です。...

札幌の報告です〜 ツイッターで来てくれると連絡をしていたお客様。 たっくさん買っていただいてありがとうございます。 森口デザイナーも大喜びでした。 ネットでTKrを購入してくれたお客様。ちゃんと着てくれています。 水玉が大好きな様で今回も水玉をお持ち帰りしていただきました。 ありがとうございます。 二日連続で来て頂いたお客様。 ありがとうございます。もう、20年くらい?お客様。 長く長くよろしくお願いします。 僕の日記に登場した子のお母さんとお友達。 旦那さんは来れなかったけど。 でも、みんなが幸せな顔を見せてくれるととっても嬉しいです。 ありがとうね。   他にもたくさんのお客様が来てくれたのですが。。写真を撮り忘れてしまって。。。 すいません。 次回はちゃんと撮っていきます! 楽しかったです〜...

昨日は、アトリエでは小田彦三郎さん(女性です)のつまみ細工教室でした。 僕は札幌で参加できなかったけど、、、 ちょっと今回のお花、作って見たかったんですよね。 まずは、先生の説明から。先生はとても丁寧で理論的に教えてくれるからわかり易いのですよね。 こうなるからこうやって切ってくださいね。とハイテクな先生。 まずは。。。 切ることから。みんな方眼のシートに向かって裁断ですね。 これが意外と大事なのです。 そしていよいよつまんでいく作業。とても地味なのですが。出来上がったものを想像すると手が勝手に動いちゃいます。 どんなものができるのでしょうか? これもそれぞれ違った特色でその人それぞれのものができるので面白い!! もうすぐ完成かな? 少しずつゴールに向かうときはワクワクしちゃいますよね。 出来上がり!! この小さなお花で何を作るのかな? ピアスとか指輪とか、、小さなペンダントトップにしても可愛いですよね!   は〜〜参加して見たかった。次回こそは参加して作るぞ!  ...

昨日は、夜会でした。 今回のテーマは、”自分で作る、レンジで即席料理会” ちゃんと作ってくれる人、レンジで温めるだけの人、僕みたいにポテトチップスをチーズをかけてチンする人(笑) 色々といたのです。 でも、写真のようにちゃんとミニピザを作ってくれるお客様も!   里芋美味しいんだよ〜って。 里芋をチン!!これにクレイジーソルトをつけて味噌をつけて。。 色々な食べ方をされてました。 お酒が進むわ〜   とにかく、飲んで食べておしゃべりしての会。ドレスコードは僕の服。 それだけで何時間も過ぎていくのが幸せです。 次回もこの持ち寄り夜会。して見たいと思います。   初めてご参加のお客様もいらっしゃいましたが、全然平気。 みんなシャイだけど気遣いしっかりとしたお客様だけなので次回は参加して見ませんか?  ...

今回の習いの会は、サコッシュ作り。みんなが縫いやすくあくまでも楽しく物作りをしてもらう会です。 まずは、生地を選んでもらいます。自分だけの一品。慎重にね。 どこにどのモチーフが入るようにしたいか_? 重要な作業。 ミシンの使い方や色々なことをまずは教えていきます。 毎回、出席している方はスムーズに進めます。 和柄と土台を縫い合わせて。そうそう上手〜〜!! はい。表面と裏面を縫い合わせて!そこは1CMですよ〜! 裏地もつけていきます。ちょっと難しい場所だけどこれが終わればゴールが近い!! ステッチもしてしっかりと縫ってね。 ほら〜〜!! もう形が見えて来ましたよ!可愛くできるはず!! 途中で話とかしちゃったりして。。 最近、何が面白い??とか。。 悩み相談とか? それもこの会の楽しいところです。   出来上がり〜〜!! みんなそれぞれ違った感じで仕上がります。 同じパターンですが、なぜか違う。そこが面白いですよね。 生地の使い方や場所でも違って見える。不思議ですよね。 みなさんに作ったものと一緒に撮影。 ウンウン。いいお顔!! みんな喜んでくれて嬉しい!! 次回は何作るの〜〜??と楽しみにしてくれる方も増えました。 次回は何作りますか??...

今日は、竜馬四重奏の仁さんのワイン教室。 仁さんは、ワイン通で本当によく飲むそう。 ワイン教室って言っても堅苦しいものではありません。カジュアルに、でも色々な方向からワインを楽しみましょう!という会です。 ワインの開け方にも作法がある様で。 自分で飲む時は適当に開けちゃうのですが、仁さんはソムリエナイフできちんと2段目から綺麗に開けます。これが作法だそうです。 このワインは、こんなぶどうの品種を使って輸入業者はどこでなど。。 普通は見ていないところを教えてくださいます。 へ〜〜そうなんだ!!ということが沢山。 先生がまずはテイスティング。 これは美味しいとかではなくブショネしていないか?のチェックだそうです。 保存が悪かったとか色々なところを見るそう。それも教えてもらえます。 このワインは、こんな色目でこういう発色でなど。。 色々なことを見て言って。。 ちゃんとノートに書き記します。 仁さんはこのノート、何冊あるのだろう? この描き方も人それぞれでいいそうで、思ったことをひたすら描いて行くのです。 スパークリング、白、赤、赤と飲みました。 全て味は違うし好き嫌いそれぞれ。 でも、ちょっと見方を変えると奥が深いワイン。 お一人で参加されてるお客様もほとんどです。 ぜひ、一回参加して見てくださいね。...